障害者に対する援護事業

 地域活動支援センターは障害者総合支援法に基づく事業で、在宅で生活されている障害者の方が、事業所に通所して、創作活動や生産の活動などを行い、地域において自立した日常生活・社会生活を営むことができることを目的としています。

 日中一時支援事業とは、障害者総合支援法に基づく事業で、見守り等が必要な障害のある就学児童生徒の放課後の場を確保し、保護者の就労支援や一時休息(レスパイト)支援などを行う事業です。

     放課後等デイサービス事業 こどもデイサービス はな

   放課後等デイサービス事業とは、児童福祉法に基づく障害児通所事業の一つで、原則として6歳から18歳までの障害のある就学児童が対象で、ひとりひとりの個別支援計画を作成し、授業の終了後または休業日に施設に通い、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流促進などのサービスを行うものです。

 ※この事業は、平成30年2月28日に県の指定を受け、3月1日から事業を開始しました。詳細については、後日ホームページに掲載します。

  ◎問い合わせ先 0467-58-5416