障害者に対する援護事業

 地域活動支援センターは障害者総合支援法に基づく事業で、在宅で生活されている障害者の方が、事業所に通所して、創作活動や生産の活動などを行い、地域において自立した日常生活・社会生活を営むことができることを目的としています。

 日中一時支援事業とは、障害者総合支援法に基づく事業で、見守り等が必要な障害のある就学児童生徒の放課後の場を確保し、保護者の就労支援や一時休息(レスパイト)支援などを行う事業です。